化粧品を良く知るために、お試しで使用することは大切です。

お肌に合うと思っても、実際の製法などを知らなければ、安心して使用することはできませんよね。

そこで今回は、全国規模でサロンを展開しながら化粧品販売をする企業であるC’BONを紹介します。

■シーボンという会社

1966年に設立された会社で、化粧品の販売を行っている会社です。

いち早く環境問題に取り組んで話題となった化粧品会社です。

化粧品の製造段階で排出される汚水を処理するために排水浄化設備を導入し、栃木県で環境保全の促進事業についての認定を受けています。

2005年に株式上場を遂げて、多くの人に愛用される化粧品会社へと成長しています。

日ごろの商品研究を怠らないので、魅力的な商品設計が随時行われているのです。

化粧品を購入するには、インターネットから申し込む場合とフェイシャルサロンで購入する場合があります。

インターネットでは、C’BONの全商品をゆっくりと選ぶことができますので、落ち着いて商品選びをしたい方やコアなリピーターの方におすすめです。

C’BONはよりよい化粧品を追求するため、自社で化粧品を製造して販売するルートを持っています。

品質の高い化粧品をサロンで提供することで、ワンランク上のサービスとして提供しています。

付加価値を上げることで、多くの方に愛用してもらえるということですね。

■サロン展開

サロンは全国規模で展開しています。

このサロンでは、化粧品の販売を行うだけでなく、東洋美顔によるマッサージの方法で施術を行われています。

お客様との会話を楽しみながら、さりげなくお肌への悩みを聞きだすことが、サロンの担当者は秀でています。

お客様にピッタリの化粧品をシーボンの製品ラインから紹介するのにも一役買っています。

また、イベント的な取り組みも行われていて、駅などでの即席サロンを展開するイベントも行われています。

シーボンの商品をお薦めするというイベントで、化粧品のファンとなってくれる方がますます増えていきますね。

■人材の豊かさ

経営を支えるスタッフは、多岐にわたっています。

サロンを経営するマネージメント担当者、サロンの運営スタッフがいます。

この運営スタッフがお客様の悩みを聞きだして、適切な商品を紹介していきます。

サロンにいる施術担当のスタッフは、熟練された手さばきにより、マッサージなどをお客様に施しています。

とても丁寧な対応をしているので、お客様からの信頼も大変厚いものとなっています。

本社のスタッフもサロンのスタッフと同じように経営に尽力しています。

広報など戦略的な展開により、多くの愛用者を獲得しています。

このように、多くの人の手で企業活動が営まれているのです。